2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

 四重心、五重心、フラッシュ、マジックなどの多様な10号割物花火の表現の数々、花火師の想いを花火に込めた創造花火の表現の数々、今年は3月11日の東日本大震災に遭われた地方の方々への想いを込めた花火が沢山ありました。どれも素晴らしいものですね。
 大会提供花火などの仕掛け花火や、新しく取り入れた7号玉100連発など感動するばかりで見応えがありました。
 カエルや鳥、キツネなどの形を現した花火、上空で光り輝きながらゆっくり落下してくる花火が印象に残っています。花火師の赤く光る手花火と桟敷席の観覧車のペンライトを振る姿はいいものですね。
 9万人が暮らす秋田県大仙市、昨年はおよそ80万人の方が観覧していたそうで尋常でない人数ですが、いつかは桟敷席で見てみたいですねぇー。

花火サラウンド フルハイビジョンで愉しむ日本屈指の花火大会 [Blu-ray]花火サラウンド フルハイビジョンで愉しむ日本屈指の花火大会 [Blu-ray]
(2011/07/14)
不明

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 建設中の東京スカイツリーを再び見てきました。

 10月2日現在470メートルの高さになっているそうです。

雨の日に下から見上げた写真
上のほうが霞んでいます。
116.jpg

晴れた日の十間橋からの写真
120.jpg

とうぶばしからの写真
117.jpg

川を挟んだほぼ真下からの写真
118.jpg

十間橋近くのミラーに映るスカイツリー
丁度太陽がミラーのところにある時間帯で上手く撮れませんでした。
119.jpg

 634mまで、あと164mとなりました。
 あの高さで作業している人がいるとは…、足が竦んでしまいます。

〔10月14日追記〕
 8月5日、南米のチリ、サンホセ鉱山で起きた落盤事故、地下に取り残された33人が10月14日に全員無事救出されました。プランBにより掘削した穴から、救出用特殊カプセルにより1人ずつ地上に運ばれました。なんと69日ぶりに地上に立つことができました。
 救出孔の深さは622m、東京スカイツリーの高さ634mとほぼ同じ。地下622mとはどんな居住空間なのでしょうか。

 東京スカイツリー過去記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 シルク・ドゥ・ソレイユ公演の「ZED」を見てきました。

115.jpg

113.jpg

114.jpg

 京葉線舞浜駅から徒歩10分位でしょうか、東京ディズニーリゾートのイクスピアリ内を抜けて、さらにディズニーアンバサダーホテルを抜けるとシルク・ドゥ・ソレイユのシアター東京の建物が見えてきます。
 シルク・ドゥ・ソレイユとはフランス語で、日本語では太陽のサーカスというそうです。
 シアター東京専用の「ZED」は2008年10月1日に始まり、今年の7月に100万人の来場者を突破したもので、ちょうど2周年となる日に観賞することができました。
 公演開始前にクラウンが観客席に現れ観客を笑わせてくれます、そして、物語は開かれファンタジーの世界へ…。15の物語で構成されており、物語ではバトンやバンジー、トランポリン、ジャグリングなどのパフォーマンスが素敵な衣装と生演奏、ステージやアクターを際立たせる素晴らしい照明効果で繰り広げられていきます。天井から布に包まってアクロバットや、つり革のアクロバットのパフォーマンスには驚くばかりでした。人間業を超越したトップアスリートたちの演技に魅了されるばかりです。また舞台装置はこの公演専用につくられたものでその動きにも感嘆させれらます。
 センタービューの席で見ましたが、プレミアムビューでは客席の真上をパフォーマーが飛んでいるシーンも有ったのではないでしょうか。
 
 「ZED」公式サイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 スマステでの花火ランキングで堂々の第1位となった秋田県大仙市で行われている「大曲の花火」、その歴史は古く西暦1910年、明治43年に「奥羽六県煙火共進会」として行われたのが最初で、その後全国花火競技大会に拡大したそうです。そして、今年がちょうど100回目となりました。
 競技大会というだけあって、全国の27業者が集い、3種類の競技で技などを競い合います。昼花火、10号割物、創造花火の3種です。2000年からは内閣総理大臣賞が設定されております。
 現地では見たことがないのですが、昨年TV中継を放送していることを知り今年も先程見ていました。いろんな業者さんの趣向を凝らした、音楽(曲)とあわせた想像花火がとてもいいです。また、大会後半で行われる大会提供花火のスターマインが素晴らしいです。
 今年は100回記念ということで、大会の合間に仕掛け花火があったり、終盤にこの大会の花火の歴史を振り返る打ち上げ花火もあり貴重なものをみることができとっても満足でした。
 ポルカスの地元でも全国的にそこそこ有名な花火大会がありそちらも素晴らしいですが、「大曲の花火」、いつか現地で観覧したいですね、ただスマステによると76万人とは凄すぎます(驚)、でも間近で体験したい。

美の競演 日本の花火 ~花火芸術の最高峰 大曲全国花火競技大会~ [Blu-ray]美の競演 日本の花火 ~花火芸術の最高峰 大曲全国花火競技大会~ [Blu-ray]
(2008/12/26)
BGV

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 「ボルゲーゼ美術館展」に行って来ました。

l.jpg

 ポルカスとしては思わぬものを発見してしまいました!

NHK世界美術館紀行 (3)NHK世界美術館紀行 (3)
(2005/06/30)
NHK「世界美術館紀行」取材班

商品詳細を見る


 日本初公開の謎多き名画、ラファエロ・サンチィオ作『一角獣を抱く貴婦人』が展示されています。
 1506年頃に製作されたもので当時はラファエロの作品ではないとみなされていたそうです。現在の絵は修復後のもので、修復前は肩にマント、一角獣のところには車輪が加筆されていました。一角獣の角の角度が不自然に感じられますが、犬とする研究者もいるそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



▼続きを読む▼

ポルカス

Author:ポルカス
FC2ブログへようこそ!